磨棒鋼の歴史 1

1 . 沿革

 

 わが国における磨棒鋼の歴史は、線材製品同様、東大阪の枚岡地区が発祥の地であり、生駒の水車の力を利用して最初に製造された。今から遡ること100年以上前(1911年)の明治44年のことである。三輪商店の三輪利一氏が最初に磨棒鋼を生産したと言われているが、殆ど同じ頃、現在の大阪磨シャフ卜(株)の創業者である岡田米蔵氏が同地において、伸線引抜業として個人創業されており、当時の様子は関西磨棒鋼工業協同組合が発刊した『回顧録三十年一磨ー』の中に窺うことが出来る。以下に、草創期に於ける枚岡地区の磨棒鋼工場の実体について同誌より抜粋して紹介する。

「場所は大阪府中河内郡額田村(現在の東大阪市山手町)生駒山系の額田谷13番地の水車工場で、業界草創功労者O氏が経営していた。額田谷には江戸時代から35台の水車が有り、各水車工場を山口天寺屋を一番とし、上に登る順に番号で呼んでいた。それ等の水車工場の内金属の伸線引抜をしていたのは一割程度で、他の多くは製粉工場であった。

 O工場の明治26年より銅、真鍮の伸線引抜をしていたが、初めて鉄の伸線をしたのは明治44年頃、大阪市M商店より注文で3/8インチ(9.52ミリ)の六角棒鋼の引抜であった。これが、現在の引抜磨棒鋼の始まりとされている。

 水車の直径は18尺(5.4メートル)で、馬力は現在のモーターに換算すると2馬力ないし3馬力といわれる。谷川を流れる水量によって馬力は変動した。

 最初の引抜は盤台から樫製のドラムにワイヤーロープを巻付けて引抜く方法であった。タタキダイスを作るのに高度の熟練技術を必要とした。従業員は5人程度、山の中の工場で電灯のない時代であったので、日の出とともに作業開始、日の入りとともに終業した。休日は月2回の1日と15日であった。

 朝に材料を一人当たり60キロ程度担いで登り、夜に一日の製品を担いで帰った。

 当時のO工場の月産は銅、真鍮、鉄を含めて5トン程度であった。製品は大八車で大阪市内の問屋に運ばれた。製品の用途は自転車の部品が多く、他にガス燈の部品となった。当時額田谷の水車一台の価値は、田地一町歩(約99アール)の作得に匹敵するといわれた。」

 以上が磨棒鋼の始まりであった。当時は、動力も水車の為、製品寸法も2分から5分位までであり六角材が殆どだった。この様に最初磨棒鋼製造は鉄線引きから誕生した。

 一方太物サイズでは明治末期から大正にかけて紡績機用伝導シャフ卜に旋盤磨きが使われ始めたが、当時はこれを磨棒鋼とは言わず、“カワムキ”と言っていた。動力が水力からモーターに切り換わった大正後半になると企業数もだんだん増え始め、生産技術も日進月歩向上したが、ハード面でもドローベンチが性能の向上と同時に大型化した。また引抜ダイスの向上も見逃せない。草創期のタタキダイスから超硬のダイスが出現し、業界の発展に大きく貢献した。

 第一次大戦前に至りわが国の鉱工業が大きく伸長するに従って磨棒鋼の需要も増大し、従来の非能率的な生産方式は逐次改善されていった。特に満州事変やこれに引き続いての日支事変の勃発は国産品の依頼度を益々高めてゆき、遂に昭和12~13年頃には磨棒鋼の輸入制限措置がとられるに及んだ。特に兵器関係を中心とした弾丸鋼、快削鋼の需要が活発となり、このため業界の技術水準の向上と共に生産数量も年々増加し、昭和19年には6万トンに達し戦前の最高を記録した。終戦後、やっと世情も落ち着きを取り戻し始めた昭和25年の全国生産量は65千トン、5年後の昭和30年には122千トンとほぼ倍増した。

(図1参照)


1 草創期時代(工具類)

次ページへ